第四回-2 実際にコンテンツを作ってみよう | オープンソースでフリーなCMS「MODx」を導入してみる

第四回-2 実際にコンテンツを作ってみよう

実際にテンプレートからコンテンツを作ってみよう。

前回で作成したテンプレートを元にコンテンツを作ってみましょう。

とりあえず、ルートに新規でHTMLコンテンツを作ってみます。 [サイト]-[ホーム]-[ドキュメント作成]とクリックしてみましょう。

modx-ドキュメント作成

各項目がテンプレートにどうやって埋め込まれるかを理解しておきたいので、かなり適当に入力してみます。
なお、ドキュメントエイリアスはURLを決定する要素です。index.htmlと入力すると、ルートに作成した場合、アクセスするためのURLは「http://yourdomain/index.html」となります。

modx-ドキュメント作成-項目入力
 

modx-ドキュメント作成-項目入力
 

コンテンツの内容の入力が終わったら、タブを[ページ設定]に切り替えて[公開?]にチェックをして保存しましょう。

modx-ドキュメント作成-項目入力

これでドキュメントが作成されました。
公開をONにしていますので、もうアクセスが可能です。[http://yourdomain/index.html]に別ブラウザなどでアクセスしてみてください。
ソースを見ると、どの項目がどこに埋め込まれたか、よく判ると思います。
テンプレートを編集した後にまたアクセスすると、そのテンプレートが反映されていることもお分かり頂けると思います。

このように、テンプレートに独自タグを埋め込む形ですので、テンプレート次第でデザインはいくらでも作りこめますし、MODx自体は、CSSデザインの必要性もXHTMLの必要性もあまりありません。
勿論、SEO関連でCSSデザインの必要性が出てくるとは思いますが、テーブルデザインでも問題はないです。
他のCMSの様にシステムにデザインの制約を受けることがほぼありませんし、既存のサイトをMODxに置き換えることも非常に簡単だということがお分かり頂ければと思います。


作成日
2008.05.23 (金)
最終更新日
2008.06.02 (月)
作成者
Takayuki Hirosawa
  • speed_fish 引っ越ししてからつなげていなかったとても古いnetgearのnas。今日つなげようとしたらlan経由で全くつながらず。windows10が勝手にsmb1を切り捨ててたと判明するまでに3時間。httpでもpingでもつながるのにos… https://t.co/Ejd7om16t0 2018-04-24 11:41:09
  • speed_fish modxからevoが切り離しかー。まあrevoとはもう別物感溢れてたし良いんじゃないでしょうか。やりやすくなるといいなー。 2017-04-28 20:33:09
  • speed_fish Chromeの57から頻発している、ERR_BLOCKED_BY_XSS_AUDITOR。試してみたけど、hidden含め入力項目にJavaScriptが入っても発生。HTTPS化していないフォームはまあ当然発生かな。 2017-04-10 18:00:57
  • speed_fish modxサイトをcloudflare化でeFormで引っかかる。中身みたらsite_urlでリファラーチェックしてました。ssl flexibleを使おうとしてたので、eFormを改造。パラメータにsiteurlを追加しましたとさ。#modx #cloudflare #eform 2017-03-04 00:44:09
  • speed_fish メモメモ。MODxでAMP対応するスニペット。 GETのURLが気に食わないのでリライトかな。 https://t.co/Oa9qzQ5dOr 2017-02-03 01:10:54