第一回 まずはインストールの前準備 | オープンソースでフリーなCMS「MODx」を導入してみる

第一回 まずはインストールの前準備

MODxとは?

MODxとはマルチ言語対応のCMSシステムです。現在ver0.9.6.1がリリースされています。管理用ページのインターフェースが優れており、AJAXを駆使したインターフェースはデスクトップアプリケーション並の機能を提供してくれています。また、サイトを構築する際のデザインを考える際、テンプレートやパーツ類の考え方がシンプルで既存のCMSと比べてシステムの知識を余り必要としません。Adobe社のDreamWeaverでテンプレートやライブラリを作ったことがある方でしたら、理解するのも早いと思います。

本家サイト:http://modxcms.com/
Wiki解説:http://ja.wikipedia.org/wiki/MODx

インストールの前準備

必要な環境として、LAMP構成(Linux,Apache,MySQL,PHP)が必要です。
上記本家サイトより、最新版のMODxをダウンロードします。
そして解凍した後、modx-0961p2以下(asset等が存在するディレクトリ)をFTPよりアップロードします。
WEBルートに(http://www.yourdomain/で表示されるように)アップロードした方が懸命かと思われます。

MODx-FTPアップロード後のイメージ


で、ここで問題が発生します。
インストールした後のMODxは日本語で動作しますが、インストーラは9.6.1標準では日本語がありません。
英語でもなんとかなるのであれば、インストールした後に削除しますので、問題ありませんが、日本語環境で設定したい場合は以下のファイルを落としてきましょう。
MODx公式サイト内日本語フォーラム「[lang] インストーラの日本語化を進めていますに添付されている、install_lang0215.zip.zipを使います。これも解凍したらそのままアップロードしたディレクトリに上書きでアップロードしてください。

MODx-日本語インストーラーアップロードのイメージ

次にMySQLの設定をします。
既存のデータベースを利用するよりも、専用に新規でデータベースを作った方が良いでしょう。
新規で「modx_site名」等でデータベースを作成してください。
セキュリティで問題が出ないように、DB接続設定やユーザー名、パスワードを設定するのをお忘れなく。

以上で事前準備は完了です。
作成日
2008.04.15 (火)
最終更新日
2008.05.25 (日)
作成者
Takayuki Hirosawa
  • speed_fish 引っ越ししてからつなげていなかったとても古いnetgearのnas。今日つなげようとしたらlan経由で全くつながらず。windows10が勝手にsmb1を切り捨ててたと判明するまでに3時間。httpでもpingでもつながるのにos… https://t.co/Ejd7om16t0 2018-04-24 11:41:09
  • speed_fish modxからevoが切り離しかー。まあrevoとはもう別物感溢れてたし良いんじゃないでしょうか。やりやすくなるといいなー。 2017-04-28 20:33:09
  • speed_fish Chromeの57から頻発している、ERR_BLOCKED_BY_XSS_AUDITOR。試してみたけど、hidden含め入力項目にJavaScriptが入っても発生。HTTPS化していないフォームはまあ当然発生かな。 2017-04-10 18:00:57
  • speed_fish modxサイトをcloudflare化でeFormで引っかかる。中身みたらsite_urlでリファラーチェックしてました。ssl flexibleを使おうとしてたので、eFormを改造。パラメータにsiteurlを追加しましたとさ。#modx #cloudflare #eform 2017-03-04 00:44:09
  • speed_fish メモメモ。MODxでAMP対応するスニペット。 GETのURLが気に食わないのでリライトかな。 https://t.co/Oa9qzQ5dOr 2017-02-03 01:10:54