第一回 [フレーム分割するためのスライス] | FireWorksとDreamWeaverでオーサリング

第一回 [フレーム分割するためのスライス]

誰も聞けない聞いてはいけない
HTMLオーサリング技法

~ファイアワークスとドリームウィーバーでオーサリング~

画像を多用して解りやすく仕上げた都合上、

静止画だけなのに、ブロードバンドコンテンツです。


うちのデザイナさん、かろうじてFireWorks使えます。
ですが、WEBレイアウトの仕組が今一つでございます。
今日もまた一つお仕事(?)が舞い込んで参りました。
せんせー、どうやんの~(死)


1 そして、こんなファイアワークスの原稿がきました。

どうやら、上段、下段が固定で、真中の青と赤の間がスクロールだそうです。

真中スクロールっちゅうことは、フレームを別けることは確定です。

インラインフレームの場合はまた違うけど、今回は単純に3分割フレームとして考えましょう。


2 真中は横スクロールなので、後で作りこむとして、上下の部分をまず、ファイルとして別けました。




3 んでもって、スライスとビヘイビアの埋め込みをします。

参考に上の部分だけね。


4

そして、スライス結果をHTMLに出力します

ポイントは、サイト構成とフレーム構成を考えて、相対リンクを崩さないようにImageとHTMLの関係を
考えつつ出力です。

私の場合ですと、全て相対パスで組みますので、

DocumentRoot
-index.html(フレームの親玉)
-menu.html(上部メニュー)
-main.html(真中のメインコンテンツ)
-foot.html(下部)
-images(ファイアワークスのスライスイメージ用ディレクトリ)

と想定して出力します。こんな感じですね。


次はDreamWeaverで作業!


N
G

こりゃあ、すっぱいですな。

ここまでやっちまうと、もはや1ページでしかできんぞ、おい。
どうすんだ、これ。



Written by Takayuki [email protected] 2002/12/05 Updated.
作成日
2008.04.12 (土)
最終更新日
2008.05.04 (日)
作成者
Takayuki Hirosawa